【完全保存版!】スノボに必要な持ち物リスト

年末の寒波のおかげで続々とゲレンデがオープンしてきました!
年明けからは雪もしっかり積もって、スノーボードをガッツリ楽しめそうです♪

今回は『スノボ行こうぜ~』となった時に絶対チェックしてもらいたい持ち物をまとめました!

先取りまとめ!持ち物チェックリスト

絶対必要なもの【レンタル可】

  • スノーボード板
  • ビンディング
  • ブーツ
  • ウェア上下

絶対必要なもの【レンタル不可】

  • ニット帽
  • ゴーグル
  • グローブ、インナー用手袋
  • 靴下
  • リフト券いれ
  • リーシュコード

絶対じゃないけど、あった方がいいもの

  • タイツ
  • ヒップパッド、ひざパッド
  • フェイスマスク、ネックウォーマー
  • スマホケース(防水、耐衝撃)
  • 小銭入れ
  • ワイヤーロック

あったら助かるもの

  • 日焼け止め
  • リップクリーム、ハンドクリーム
  • ベルト
  • 酔い止めや風邪薬など
  • 絆創膏
  • お菓子
  • ポケットティッシュ
  • ゴーグル曇り止め
  • 防水スプレー
  • 帰り用の着替え(下着など)
  • (喫煙者)携帯灰皿、ジェットライター

それでは、それぞれ詳細を見ていきましょう!

絶対必要なもの【レンタル可】

重要 レンタルを予定している人はかならず身分証明書を持って行きましょう!

スノーボード板(レンタル可)

お気に入りの板はアガりますよねー♪
上級レベルになると1枚じゃ物足りなくて、違う種類の板を2枚も3枚も持ってたり、1日で2種類を使いまわしたりして遊びます。
でもまずは1枚あればOK!
レンタルでもいいですが、板はすっごい重い板もあれば軽~い板もあって、重い板が割り当たった日にはリフトで足が痺れることも…(;;)

ビンディング(レンタル可)

スノーボード板とブーツをくっつける役割のビンディング。
呼び方は、ビンディング、バインディング、ビン、バインなどがあります。

ブーツ(レンタル可)

自分の足のサイズに合っていないと足が痛くなります。
お金に余裕があれば自分の足に合うものを早めに購入しましょう!

ウェア上下(レンタル可)

友達同士で「写真撮ろ~!」となったら絶対に映り込むのがウェア。
ゲレンデにはレンタルウェアもありますが、「レンタル=古いデザイン、ダサい」というイメージも…。
最近ではだいぶマシになっているみたいですが、そうは言ってもレンタルウェアのラインナップはショップ次第。
1着くらいはお気に入りのものを持っておきたいですよね!

絶対必要なもの【レンタル不可】

中にはレンタルショップによってはレンタル出来るものもありますが、レンタルしてないところもありますので期待しない方がいいです。
事前に購入するか、友達に借りておきましょう!

ニット帽

日差しやケガから頭を守るニット帽!
かっこいい言い方だと『ビーニー』と言います。
2018-19シーズンくらいからメチャウマ男子が頭の上にポンポンのついたビーニーを被ってかっこいいトリックを決める!というのが流行っていますが、ここは無難にシンプルなものを選びましょう。
女の子ならどんなものでもOKだと思います!

ゴーグル

ゴーグルって視界が狭くなるし、違和感だらけで出来ればつけたくないですよね。
最悪つけていなくても大丈夫ですが、紫外線や雪などから目を守るためにはとても大事ですよ!
ゴーグルをつけずに1日滑って、白目が真っ赤になった人を何人も知っています;

グローブ、インナー用手袋

レベル問わずグローブが無いと本当につらいです。
特に初心者のうちは転んだり、立ち上がったりするたびに雪面に手をつきますよね。
だでさえ寒いのですから、グローブはしっかり持って行きましょう!

インナーグローブとは、グローブの中につける薄い手袋の事です。
グローブはあまり洗うことがありませんので、汗による臭い対策としてしっかりつけましょう。

(ちなみにhanaは100均の手袋を使っています笑)

靴下

厚手かつ長い丈(ひざ下くらい)のものを使いましょう。
ストッキングのような薄いものはブーツの中で足が滑るし、なにより寒いからNG!
くるぶし丈だとブーツの中で脱げることもあるのでNG!

リフト券いれ

腰にぶら下げるタイプはリフトから降りるときにひっかかったり、転んだときに落としてしまう可能性があるので気をつけましょう。
腕につけるタイプは落としにくいのでおすすめです!

リーシュコード

自分とスノーボード板を繋げる紐です。
スノーボードに慣れていない人が板を放してしまい、板だけが雪山の下へ流れていくというのをたまーに見かけます。
板流しは絶対にやってはいけない行為です!
速度の出た板が人にぶつかったら最悪ケガだけでは済みません。
初心者、初級者のうちは必ずつけておきましょう!

絶対じゃないけど、あった方がいいもの

  • タイツ
    寒さ対策として履いた方がいいです!
    hanaはスポーツ用のコンプレッションインナーを履いています。
    スノーボードもスポーツですからね!
  • ヒップパッド、ひざパッド
    転んだときの防御としてだけでなく、雪の上に座ったときの寒さ対策としても利用できます。
    最初のうちはゴワゴワして動きにくいので嫌になると思いますが、いつか『つけていてよかった』と思う日が来るはずです!
  • フェイスマスク、ネックウォーマー
    吹雪時などの防寒対策だけではなく、日焼け防止にもなるので特に女性はつけた方がいいでしょう。
  • スマホケース(防水、耐衝撃)
  • 小銭入れ
  • ワイヤーロック
    大事なスノーボード板を放置していると盗まれる危険が…!
    友達の板と一緒にくくりつけておきましょう。

あったら助かるもの

  • 日焼け止め
    ゲレンデは上からの太陽光だけでなく、雪に反射した光も日焼けの原因に。
    ゴーグルをつけて目を守っても、顔自体を日焼けから守らないと逆パンダみたいな日焼けをして恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません!
  • リップクリーム、ハンドクリーム
  • ベルト
    ウエストサイズが合わないズボンをレンタルしてしまったとき用に持っていきましょう。

  • 酔い止めや風邪薬など
  • 絆創膏
  • お菓子
    休憩中やリフトに乗りながら食べましょう。
    友達の分もポケットに入れておいて『食べる~?』って聞けば、めっちゃ気の利くいい
    になれます笑
    ただし割れやすいものは避けましょう。ポケットの中でボロボロになりますよ。
  • ポケットティッシュ
    寒いですからいつも以上に鼻水対策をしておきましょう!
  • ゴーグル曇り止め
  • 防水スプレー
  • 帰り用の着替え(下着など)
    古いウェアだと防水機能が低下している可能性があり、中に着ているものも濡れてしまうかもしれません。
    念のため持って行きましょう。
  • (喫煙者)携帯灰皿、ジェットライター
    喫煙スペースは限られているので守りましょう!
    風が強いことを想定してジェットライターがあれば持って行きましょう。

まとめ

いかがでしたか?
現地(ゲレンデ)にもスノボグッズの売場はありますが、近所のお店で買うより割高かも?
余計な出費を増やさないよう、事前の準備&チェックをしっかり行いましょう!

タイトルとURLをコピーしました